2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

« 彩の国 鳥紀行・その72 | トップページ | 彩の国 鳥紀行・その74 »

2011年9月18日 (日)

彩の国 鳥紀行・その73(ウミネコ編-1)

台風接近で各地で豪雨が予想されます。 ・・心配ですね。 ・・今回は荒川に現れたウミネコ(注・下欄)です。 海に居る筈のウミネコが荒川に・・初撮りです。 2011_0914_113618dsc_14951b        ①鳴いています(ミャーオ・ミャーオ) 2011_0914_115153dsc_15401b         ②飛出し。2011_0914_115153dsc_1541         2011_0914_120352dsc_1638         ④水面に下りました。      2011_0914_120354dsc_16491b_2       ⑤ 2011_0914_120400dsc_1665_2        ⑥尾羽が綺麗。2011_0914_120403dsc_16741b_2         

※ウミネコ(海猫)・・全長46.5cm・先端に赤と黒の斑紋がある嘴・黄色い足・成鳥では黒帯のある尾羽。 海上や海岸を飛びながら水面や地上で魚や甲殻類・動物の死肉・漁船や港で捨てられる魚の破片などを食べしばしば他の海鳥から横取りも行う。 大きな河川の上流にさかのぼる事もあり、海が荒れると市街地の川や池にも現れる事がある。

« 彩の国 鳥紀行・その72 | トップページ | 彩の国 鳥紀行・その74 »

ウミネコ(海猫)」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。

ウミネコの 爽やか飛行ナイスですね。

コスモス頂きました。有り難う御座いました。

厚さまだまだ 彼岸過ぎ 体調にお互い気配りですね。

ksさん、お早うございます。

ウミネコが荒川に・・驚きました。
撮っていて何者・・カモメとは分かりましたが・・種類が多いので不確定。
ユリカモメは彩の国でもあちこちに飛来しますが・・。
台風接近・・雨が明日から暫く・・嫌ですね。

comment感謝致します。

写遊人さん おはようございます。

台風、心配ですねぇ。
これ以上被害がないことを願うばかりです。

ウミネコってアップで見るとこんなお顔なんですね。
橋の欄干なんかに止まってるのをたまに見かけますが
意外と精悍な顔つきをしてるんですね。
気持ち良さそうに飛んでいます。

あすかさん、お早うございます。

台風・・最近はノロノロ・・豪雨・・日本列島傷だらけ・・早く通過して・・秋晴れ期待。

ウミネコ・・厳つい顔していますね・・ユリカモメとは大違い。
彩の国の大河に飛来1羽のみ・・撮れただけで幸運。

comment感謝致します。

こんにちは。

台風の影響で不安定な天気、蒸し暑くてたまりません。

ウミネコ、…写真でしか見たことがありませんが、ほんとに猫の目のように瞳孔が閉まったり開いたりするのでしょうか?
①の鋭い目つき、口を開けて威嚇するような表情が 海の猫らしくていいですね!
ほんとに尾羽が綺麗ですね。

更紗さん、こんにちは。

本当に蒸し暑くて・・16:00現在の室温が36℃有りました・・堪らずAC運転・・長い真夏が続いています。
・・秋がそれだけ短になりますね。(*_*)

彩の国は内陸・・海から大河を逆翔・・川で初めて見ました。
ユリカモメと比較すると鋭い目ですね・・威嚇するには十分過ぎます。(*^_^*)
更紗さん、今冬はユリカモメを飽きる位撮りましょう。
水面ダイブ・・水飛沫・・水面からの飛び出し・・水飛沫・・何れも絵になります。
来年夏にUPすると涼感満点・・人気絶大です。

comment感謝致します。

先日荒川で お会いした 川島のD・Mです。
その節は いろいろ教えて頂いてありがとうございます。
お陰様で少しは ましな画像を撮ることができました。
ウミネコは海にいる鳥ですが荒川にいたんですか 川にも来るんですね。
どの画像も素晴らしいです いつかこんなのを撮ってみたいものです。
今度お会いしましたら また教えて下さい よろしくお願いします。

                              川島 D・M

鳴き声がネコに似ているから「ウミネコ」と言うのでしょうね。「やった~」と、にんまりしているお顔が目に浮かびます。

明日からお彼岸だと言うのに、真夏のような暑さに頭痛がしてきそうです。本物のネコもこれ以上伸びられないと言う格好で寝ています。

暑さが続いているのに、節電を解除してもいいのでしょうか。「消費量が多いので、だから原発が必要」と口実を作っているんではないかと思ったりします。

D・Mさん、お早うございます。

此方こそお世話になりました・・又、よろしくお願い致します。
良い画像が撮れて良かったですね。

ウミネコ・・初撮りでした・・荒川に居るとは・・ユリカモメは飛来しますが・・。
何か得をしたような気分です。

comment感謝致します。

こきおばさん、お早うございます。

ウミネコの命名の由来は仰る通りです・・良くご存知でした。
何でも初撮りは・・いいものです・・何回か後にUPしますが・・魚を獲った画像も撮れていました・・マグレです。

本当に暑くてうんざりです・・短い秋になりそうです。
節電・・何か根拠が無いような感じがします・・節電でエコに関心を持った経緯は頷けます。
原発に変わる代替エネルギーの開発が急がれます。

comment感謝致します。

今晩は。
大変ご無沙汰しています。
ウミネコが埼玉で見られるとはお宝ですね、ユリカモメは沢山来ますがウミネコが撮影出来たことは珍しくめったに撮影は出来ませんよね…
私は今ブログ休止中ですが、又再開しますパソコン異常が発生今日は何とか機嫌が良く見られました…只今調整中!!
今までのカード破損はパソコンが原因でした。
今後とも宜しくお願いします。

写真何でもさん、今晩は。

原因が判明してホッとしています。
PC不調でしたか・・Windows7はいいですね・・立ち上がり・シャットダウンも早くて軽快です。
ウミネコ・・偶然撮れました。
9/19本日・・愛沼にミサゴが再訪したようです・・明日から雨天・・晴れ間に撮りますか。
大きな魚を獲ったようです。
又、よろしくお願い致します。

comment感謝致します。

写遊人様、こんにちは!
ウミネコをいろんな角度から捉えられ・・
見応えがありますね。
チョコンと尾っぽが短めなんですね!

じっくりウミネコのお顔を見た事が無いですが・・・
なかなか目つきが印象的ですね!

11月の野鳥写真展出品の撮影で
鳥撮りが忙しい今日この頃です。

ウミネコを見せて頂き有難うございました。

久美子姫さん、今晩は。

お久しぶりです・・連休で旅行に行ってらしたのかと思いました。
野鳥写真展ですか・・今年は良いものが撮れたので注目の的ですね。

ウミネコ・・目付きが鋭いです・・同じカモメ類でもユリカモメは人慣っつこい性格の精で皆さんに愛されています。
鳥撮りの最後のラストスパートですね・・幸運をお祈りします。

comment感謝致します。

今晩は ウミネコ そちらでは荒川をのぼって来るのですね
私の方では 利根川 渡良瀬川 をのぼって時々見る事が有ります
大きな多々良沼 でも見かけます ミサゴ撮りの時なんか皆さん撮っていますよ
私も今年は撮ります。

NANADSKさん、お早うございます。

やはりそちらにも遡って来るのですか。
・・ユリカモメは沢山来ますが・・ウミネコは初撮りでした。
それも1羽で翌日には既に姿無しとの事でした。
何でも撮っておいた方がいいですね・・他のカモメも来ると良いのですが・・強欲です。(*^_^*)

comment感謝致します。

ウミネコ・・・
東京でも勝鬨橋、浜離宮、不忍池、葛西でもウミネコは見たことがありません。
八戸市の蕪島で足の踏場のないほど見たことがあります。

内陸の奥深く荒川中流域まで飛翔してくるのは生態学上の貴重な記録ですね。
大切なお宝記録になるかもしれません。
飛び出しが迫力満点です。

1泊2日のご無沙汰でした。墓参り(彼岸)、同伴ですから今回は自由行動がとれず、スナップ程度で見たままの写真を撮りました。レトロ碓氷もダメでした。
今週はパレオは23日のみ、重蓮レトロ水上は3連休でありますね。

ヒキノさん、今晩は。

お久しぶりです。
お彼岸でお墓参りにお出かけでしたか。

ウミネコ・・利根川・渡良瀬川・多々良沼にも居るようです。
多々良沼は広大ですから近くに来ないと撮れませんね。(*^_^*)
多々良沼にはコブハクチョウが居ますが・・あれは飼い鳥が逃げ出して(動物園~)野生化したもので野鳥とは言いません・・近くに来ますが・・山中湖にも居ます。
・・ウミネコが急流で魚を獲った瞬間が偶然に撮れました。

9/23はパレオ撮りより・・JR東日本のSL大祭・・9/23.24.25の蒸重連運転・・23日はD51とC61です。
撮りに行かなくてはいけません・・禍根を残します・・年末に『あの時撮っておけば良かった』と地団太踏まない様にしないといけません・・台風一過の晴天を期待しましょう。

comment感謝致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彩の国 鳥紀行・その73(ウミネコ編-1):

« 彩の国 鳥紀行・その72 | トップページ | 彩の国 鳥紀行・その74 »