2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

⇓クリックするとクラゲが出てきます

カテゴリー

« 彩の国 鳥紀行・その41 | トップページ | 彩の国 鳥紀行・その43 »

2011年6月20日 (月)

彩の国 鳥紀行・その42

彩の国 鳥紀行・その42です。 夏鳥の影はめっきり少なくなりました。 繁殖~抱卵~雛の誕生の過渡期・・今しばらくの辛抱です。2011_0509_163313dsc_08301b            偶然撮れた平地のキビタキ♂2011_0619_132645dsc_42981b                華麗(チュウサギ)2011_0613_104837dsc_82481b                貫禄(アマサギ)            2011_0515_155940dsc_13931b          迫り来る黒塊(パレオ・武川駅近辺) 

         『意志あるところに道は通ず』

« 彩の国 鳥紀行・その41 | トップページ | 彩の国 鳥紀行・その43 »

彩の国 自然」カテゴリの記事

コメント

コサギは聞いた事も見たこともありますが、チュウサギなんていうサギもいるのですね。
まさかオオサギもいるなんて・・・・・・だったらアマサギがいるからカラサギも? な~んて。

鳥の知識をここで教えていただいても、ノーミソが年々萎縮していますので、記憶力が衰えて覚えていられないのが残念です。きっとおんなじことを何回もお聞きすると思いますが、お付き合いをお願いします。

こきおばさん、今晩は。

コサギ・チュウサギ・ダイサギと白鷺は3種居ます。
・・チュウサギは夏鳥として本州~九州に渡来します。
オオサギは居るんですよ・・アマサギは亜麻色のサギですからアマサギ・・分かりやすい見たままです・・カラサワギはこきさんのお得意ですがカラサギは残念ながら実在しません(失礼)
脳味噌は・・糠味噌と一緒で掻き混ぜないといけません・・それは頭を使うと掻きまわした事に匹敵するそうです。
・・何回も聞いて下さい・・飽きない範囲でお答えします(失礼)

comment感謝致します。

こんばんは。

キビタキ、黄色と黒のコントラストが鮮やか、綺麗ですね~目に飛び込んできます。
見たことがないのは希少なのでしょうか?
中鷺さん、スタイル抜群ですね。優雅です~
鶯はやはり声だけで見つけられません。綺麗な声にストレスがたまります。
姿は見えませんが草むらでいろいろな種類の声がしています。声の主もわかりません。

今晩は 鳥さんと一緒に遊べるまで 今しばらくですね
でもカワセミ、ツミ、アオバズク、オオタカ等  活気が出て来ます
暑い中ですが 頑張りましょう。

更紗さん、今晩は。

この画像は偶然平地の公園で撮ったものですが・・夏鳥として全国に渡来して山地の広葉樹林に住む・・従って平地で見られるのは偶然(渡りの途中)です・・希少とは言えませんが個体数は少ないですね。
最初は鳴声は分かりません・・私も鳴声だけで全て判断可能とはゆきません。
野鳥の鳴声CDも販売されていますから・・勉強なさるといいですね。

comment感謝致します。

NANADSKさん、お早うございます。

今はセッカ・オオヨシキリ・カワラヒワ・アマサギが何方のブログにもUPされています。
昨日はセッカの枝止まりを撮って来ました。
夏には夏の冬には冬の鳥が居るので・・それを撮って何とか凌ぎたいです。
全く居なくなったら・・SL撮りも有ります。(*^_^*)

comment感謝致します。

こんばんは~

キビタキって平地では珍しいのでしょうか。
これだけ綺麗なオレンジ色と黄色だと、目立ちすぎるのかな?

チュウサギさん、華麗なダンスを舞ってるようですね。

あすかさん、今晩は。

キビタキ・・夏鳥として全国に渡来して山地の広葉樹林に住みます。
・・その山地に行く時に平地の公園などに2.3日間滞在・・通称『渡り』と言います。
・・従って中々会う機会はごく稀です。
これは♂の成鳥ですが・・♀は地味です。

サギも飛翔・着水・着地の時は華麗で美しいですね。
・・飾り羽が何とも言えず豪華絢爛です。

comment感謝致します。

写遊人様、お早うございます。
チュウサギの羽根・・・美しいですね・・・ウットリです!

久美子姫さん、今日は。

チュウサギの飾り羽・・風に靡いて実に美しい・・サギとて馬鹿になりません。

comment感謝致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彩の国 鳥紀行・その42:

« 彩の国 鳥紀行・その41 | トップページ | 彩の国 鳥紀行・その43 »