2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

⇓クリックするとクラゲが出てきます

カテゴリー

« 彩の国 鳥紀行・その37 | トップページ | 彩の国 鳥紀行・その39 »

2011年6月16日 (木)

彩の国 鳥紀行・その38

2011_0615_164915dsc_1920b彩の国 鳥紀行・その38です。 ・・鬱陶しい日々が続きます・・体調を万全に。飛ぶ(アマサギ)かわいさ抜群(百舌・♀) 夕暮れの着水(アオサギ)彩(ミドリヒョウモン)Boys,be ambitious』・・クラーク(1826~1886)アメリカの科学者・教育者。 2011_0202_131453111_73721b 2010_1202_101806011_89421b_2 2011_0513_141511dsc_10051b 

« 彩の国 鳥紀行・その37 | トップページ | 彩の国 鳥紀行・その39 »

彩の国 自然」カテゴリの記事

コメント

写遊人様、こんにちは!

アマサギ…怖いお目メですよね!
それに比べて・・モズは、眠たそう・・・
昨日遊び過ぎだったのかしら・・・?

アオサギ・・・気持ち良さそうですね・・・フフフフ・・。

アマサギ・・・出陣してリベンジしたいですね。
モズは営巣の時期か、この時期はかなり激しく啼いているのを見たことがあります。これはお嬢さんかな。恋人待ちか?

久美子姫さん、今晩は。

アマサギ・・意外に気が強い鳥です。
百舌のお嬢・・夜遊び・・姫さんと何処か似ている瓜二つ。
アオサギ・・背中を撮ると様になります。

comment感謝致します。

ヒキノさん、今晩は。

アマサギ・・車の中から撮る人が多いですね。
ブレナイ工夫を細工していざ出陣・・傑作を期待しています。
百舌のお嬢さん・・キィキィ鳴き・・けたたましい繁殖期に突入です。

comment感謝致します。

こんにちは
ニコンからバッテリーパックの模造品の注意喚起がありました。
該当したらチェックです。
関係なかったらパスしてください。
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110616_453504.html

本日の愛沼は給餌行為がありませんでした。
昨日みたいな良い日は無いですね。

一番乗りさん、今晩は。

注意喚起の件は存じています。
天下の楽天が審査して販売OKになったものです。
純正はmade in Thailand・・楽天品はChinaですが・・意に介さず私のカメラは私の判断。
・・如何なる事が発生しても何等問題無しと判断します。
御心配なさらず・・鳥撮りに精進下さい。

今晩は。

アマサギ ですか、白サギ 大サギ コサギ 図鑑改めて拝見しています。

今日、野鳥の勉強不足に躊躇しています。

此れからも鳥 撮り 出頑張り脳の活性化で 

 元気に頑張ります。

ksさん、今晩は。

相当腕を上げたとお仲間の間で噂になっています。
・・日頃の精進の賜物でしょう。

カルガモの雛連れ・・ヨチヨチ泳ぎ・・今日情報が入りました。

最初は中々覚えられませんね・・ヤマセミの地・3lightbirdの地にも出向したいです。
今後とも宜しくご指導お願い致します。

comment感謝致します。

今晩は アマサギ飛翔 夕暮れ時のアオサギ 良いですね
私 何だか アマサギ未だ見た事無いのです 田んぼが無い訳でもないのに
田んぼを気をつけて見ていないからか?  今年中に必ず撮りたいですね
写遊人さん見たいのを 目標に。

こんばんは。

アマサギが飛ぶのはよく目にしますが、あっという間でカメラに収まったことがありません。用心深いのかあまり近づけません。
モズさん、何か物思いにふけっていますね^^
アオサギさん、流し撮りでしょうか?幻想的ですね。
ヒョウモンは豹紋でしょうか?緑とは何でしょうか?

NANADSKさん、今晩は。

アマサギ・・埼玉でも・・田圃に全く居ない所も有ります。
10km圏内の田圃を探すと絶対居ます・・田植えして有る場所・田起こししている場所・・虫やミミズが沢山・・向こうの狙い目です。
夏鳥で8月一杯は居ますから・・但し蛙・オタマジャクシ・小魚が居なくなると別の田圃へ移動します・・これからはバッタを食べますから・・畦道に上がって撮り易くなります・・飛翔も稲の青々した上を飛びますから・・緑・白・オレンジの3色の対比を是非物にして下さい・・飾り羽や顔面ドアップも普段見てない画像になりますから新鮮でアクセス過多に。

comment感謝致します。

更紗さん、今晩は。

アマサギ・・夏鳥で各所・各県に飛来・・向こうが現地に慣れて来ると撮れます。
向こうが神経質に・・さも有り難・・鷺類は大体が臆病・・中には例外のアオサギも居ますが・・手を叩いても知らん顔しているご仁も(大物の片鱗)稲が丁度1m位の高さになったら・・その上を飛ぶ・・アマサギも見えない代わりにこちらも向こうからは見えない・・近付いて飛びだしたら連写・・飛翔の傑作が撮れるかも知れませんね。
『待てば海路の日和有り』・・稲の延びるまで徳川家康の心境で・・鳴かぬなら⇒伸びぬなら・・。
・・蝶の事は皆目・・図鑑で調べてUPしました。

comment感謝致します。

追伸)アマサギ居るのなら徹底的に撮りまくって下さい・・何千枚も撮らないとお宝は生まれませんね。

昨日、田圃の中に首の短い全体が藍色のサギだと思われつ鳥のつがいがいましたが、あれは何という鳥だったのでしょう。アオサギよりは小さく、コサギより大きな鳥でした。
皆さんのコメントを拝見していますと、鳥の撮影は習性を熟知する事が大切のようですね。のめりこむ訳が解るような気がします。

こきおばさん、お早うございます。

文面から判断すると・・恐らくササゴイかゴイサギのどちらかと思われます。
・・多分コサギより大きいとなると・・ゴイサギです(因みにゴイサギは全長58cm・コサギは全長61cm・・成鳥です)しかし個体によって特にコサギは極端に小さな子供が居ますから・・。

撮影し始めると徐々にあれも撮りたい・これも撮りたいと言う衝動と夏鳥・冬鳥・留鳥と挑戦意欲に駆られます。

comment感謝致します。

写遊人さん おはようございます。

アマサギさんの飛んでる姿、足が後ろでキレイに揃ってますね。
こちらの地方でも田んぼにいるのでしょうかね。

モズくんはいつ見てもモコモコで可愛いですねー。
モズは秋の鳥のイメージですけど・・・何か童謡にあったのかな。

あすかさん、今日は。

只今遠征から帰還しました。

夏鳥で南方から飛来・・一部は西南日本で越冬するものも居ます。
あすかさんの近くの田圃にも居るかも知れませんね。

百舌は何時見ても尻尾を上下に振ってかわいいです。
絵になる枝止まりをしてくれました。

comment感謝致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彩の国 鳥紀行・その38:

« 彩の国 鳥紀行・その37 | トップページ | 彩の国 鳥紀行・その39 »