2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

⇓クリックするとクラゲが出てきます

カテゴリー

« 彩の国 鳥紀行・その30 | トップページ | 彩の国 鳥紀行・その32 »

2011年6月 5日 (日)

彩の国 鳥紀行・その31

2011_0520_131335dsc_46241b彩の国 鳥紀行・その31です。 昨日は暑かったですね。 ●カルガモ飛ぶ  ●浮遊(タイワンモンシロチョウ)  ●爆走(パレオ)  ●冠羽が決まってるね(雲雀)  花よ月よと暮らせただ、程はないもの、憂世は』・・隆達節・江戸初期の小歌・日蓮僧。 2011_0604_145302dsc_51681b  2011_0424_155853dsc_82481b 2011_0604_151745dsc_53701b

« 彩の国 鳥紀行・その30 | トップページ | 彩の国 鳥紀行・その32 »

彩の国 自然」カテゴリの記事

コメント

写遊人さん こんにちは~

今日は昨日ほど暑くないのですが、ちょっと雨がポツポツしてきました。

雲雀って地上にいる時もあるんですね。ちょっとびっくりしました。
いつも上空にいるイメージですが・・・よく見つけられましたねぇ。

カルガモくんはお隣の杭に止まりたいのでしょうか?
じっと見つめてるのはつがいの彼女?

あすかさん、今晩は。

此方もこれから雨が降るようです。
少しは涼しくなってくれないと・・寝付きが悪いです。(*^_^*)

雲雀の地上絵は様にならないのが多くて手こずります。
空で囀る絵の方が遥かに撮りやすいですね。

カルガモの飛び・・コアジサシ撮影の間に撮りました。
・・結構綺麗ですね。

comment感謝致します。

今晩は。

カルガモのプロポーズ 作戦でしか。 

タイワンモンシロチョウ 空中遊泳白い花と緑が鮮やか。

SL 煙突 車輪から力強いパワー感じますね。

ヒバリの♂ですか 距離は 何時も元気頂いてます。

ksさん、今晩は。

カルガモ・・左の視線の冷たさ・・『飛べばー』でしょうか。(*^_^*)

蝶・・空中遊泳・・風が強くて手こずりました。

白煙モクモク・・黒煙モクモクなら更に迫力が・・今後の課題です。

ヒバリは(雲雀)雌雄同色ですから・・♂♀は不定です・・地面に居るのは中々良いのが撮れません・・撮れても冠羽が立っていない物が多くて・・ダメ出しの大量生産です。
距離は15m位でしょうか。

comment感謝致します。

こんばんは。

カルガモの♀、やはりマガモの♀とは嘴の形や色が違いますね?
首も長いように思うのですが…。飛んだら、羽が青いのですね~驚きました。


ヒバリにも冠羽があるのですね。冠羽というとカシダラカ、ミヤマノオジロとすぐ思い込んではいけませんね どういう時に立てるのですか?

今晩は お見事なブログの写真選択   鳥さんの間に 花と蝶 さらにSL 見る人を
飽きさせないテクニック 勉強になります。

更紗さん、今晩は。

カルガモは嘴の先が黄色くて・・マガモの♀は嘴は黒く周辺は橙色です・・この画像のように鮮明に撮れていれば・・確定できますが・・田んぼの中で嘴を泥の中に突っ込んだりor浅い池の底の水草を食した後などで・・嘴が汚れていると・・画像判断は極めて不明瞭になります・・画像が大きいと分かりやすいですが・・。
首の長さは殆ど変わりません・・飛ぶ時はマガモも長く見えます。

ヒバリの冠羽・・立てる時と寝かせている時が有ります・・カシラダカ・ミヤマホウジロもそうです・・冠羽が立ってないから♀と決めるのは早計です・・♂でも立てる時立てない時が有ります・・立てる時・・背伸びして大きく見せるのと同じ動作なんでしょうね。

comment感謝致します。

NANADSKさん、今晩は。

色んな鳥・蝶・SL・風景と拾い出して作成するのは正直時間を費やし疲れますね。
・・飽きられない作戦にも繋がっています。
NANAさんも・・『下野の国 鳥紀行・その1・・・・』のタイトルでUPされたら興味深々で見る側も楽しみに繋がる事でしょう・・撮って余った画像は間を置いて・・再UPすれば斬新で飽きません。
是非採用して下さい・・望遠レンズでの蝶の撮影・・逃げられずに上手くゆきます・・これは大発見・・マクロは不要になります(*^_^*)

comment感謝致します。

今日は昨日の山登りで疲れて1日寝てばかり。
でも、買い物に行って寄ってみましたよ。

ヒバリ、鳥さんのバックが開けないと背景がボケないので難しいですね。
イイの撮ったことがないです。

SLは秋の紅葉までジックリ楽しめそうですね。ロケハンを続けます。

蒸気機関車は、レモンの味。
高校受験で花の都東京に、真っ白なお頭で、帰りの汽車の中、酔いで青ざめていたか? 窓を開けて何かと声をかけてくれたお姉さんの真っ白な襟に、小さな斑点が幾つかついているのが、気懸かりだった・・・。 59年も前の話でした。

コアジサシ、先生を追い越したと思ったのに、目が盲目で残念! 何時か追い越さなくちゃ・・・。

ヒバリの頭にこんな羽がついているなんて知りませんでした。
第一姿を見たことがありませんもの。この歳になっても知らない事が多くて・・・・・
これからも教えてくださいね。

ヒキノさん、お早うございます。

昨日UPされたSLは・・情景・ピント・構図・カーブの立ち上がりと・・これがSLと言うものでした。
・・何回もロケハンして勝ち得た秀作です・・おめでとうございます。
昨日は・・大麻生ゴルフ場の陸橋から撮りました(1回は撮っておこうと・・)
セットしてみて・・SL上部の電線・左右の柱が煩雑で不適でした。
黒煙は何故か過去最高・・車庫前から半端じゃ有りませんでした(ゴホゴホ・喉痛に)(*^_^*)

ヒバリ・・地味で鳥撮りさんも敬遠・・緑が少し入るといいですね。
ロケハン少しずつ秩父寄りに・・樋口の近くもいいらしいですね。

comment感謝致します。

白樺の住人さん、お早うございます。

先日はお世話になりました・・感謝致します。

SL物語・・良い想い出ですね・・何時までも大切に。

コアジサシでは・・習得が早いので驚きました・・置ピン技術を伝授・・良いものが撮れた事でしょう。
・・日差しが無く・遠い・・あの日は難しい条件でした。
置ピンは揺れたら終わり(失敗)・・ガッチリした三脚が必要ですね。
その内追い越して下さい・・目が出ない鳥です・・四十雀で猛練習ですね。

comment感謝致します。

こきおばさん、お早うございます。

ヒバリが天空で囀る・・皐月・水無月の風物詩です。
今度は畑・草地の上を見ながらwalkingして下さいね。
冠羽立てる時と立てない時が有ります・・立てるとイケメン・・立てないと乙女(雌雄同色)・・こんな鳥です・・初見される事をお祈り致します。

comment感謝致します。

写遊人様、こんにちは!
お家でも今日は、メッチャ暑いです四!

ひばり、淀川でも良く見かけますの・・・
冠を立てると・・ステキですね・・。
カルガモさんホップ・・ステップ・・ジャンプでしょうか・・?

久美子姫さん、今日は。

暑くて鳥撮りもままならぬ状態です。
白旗を掲げる一歩手前です。

雲雀のホバリング・・撮って下さい。
カルガモも綺麗でしょ・・馬鹿にしたものでは有りませんね。

comment感謝致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彩の国 鳥紀行・その31:

« 彩の国 鳥紀行・その30 | トップページ | 彩の国 鳥紀行・その32 »