2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

⇓クリックするとクラゲが出てきます

カテゴリー

« 彩の国 鳥紀行・アジサシ物語・その1 | トップページ | 彩の国 鳥紀行・フクロウ物語・その3 »

2011年6月11日 (土)

彩の国 鳥紀行・アジサシ物語・その2

2011_0610_114151dsc_70811b彩の国 鳥紀行・アジサシ物語・その2です。 梅雨の晴れ間に何回もchallenge・・未熟な腕は健在なり。 ※今回はチュッチュッシリーズ(具志堅さんのチョッチューのような訳にはゆきましぇん) 2011_0610_120949dsc_7216b ●合間にカルガモのドアップ(近いと上手くゆくのに) 2011_0520_131333dsc_46181b・・画して挑戦は暫く続行。 『恋は宇宙的な活力である ・・夏目漱石(1867~1916)小説家。 2011_0610_131706dsc_74881b

« 彩の国 鳥紀行・アジサシ物語・その1 | トップページ | 彩の国 鳥紀行・フクロウ物語・その3 »

彩の国 自然」カテゴリの記事

コメント

アンラ、アジサシって私より大食漢みたいですね。このオスドリ、痩せるのがわかり メスドリは、太っていくのが解るようだったことでしょうね。 オスドリさん、お疲れ様。

おはようございます 写遊人さんが通い続けるのが良く判ります
パフォーマンスが見事なのですね  今の時期他に良い所が無い この両面からでしょう  そうですね今の時期ちょっと寂しいですからね。

こんにちは。

コアジサシさん、当然のごとく受け取り、当然のごとく与えていますね~

1枚目は甘えたげに、二枚目のは艶めかしげに、三枚目はうれしげに受け入れていますね。
♂は頼もしいです。大きく見えます。

こきおばさん、今日は。

♂の宅配は日に何回も・・痩せるのが頷けます。
♀はドカ食い・・メタボに・・当然の摂理に・・涙ぐましい努力です。

comment感謝致します。

NANADSKさん、今日は。

何回撮ってもいいものが撮れません。
青空が欲しい・・飛び方も変幻自在・・空中は撮り辛い事この上なし。
しかし通うのは・・この鳥の魅力なんでしょう・・華麗・流麗どちらの表現も当て嵌まります。
夏鳥で居なくなるのも早晩・・来週も参戦です。

comment感謝致します。

更紗さん、今日は。

徳島には居ませんか。
居たら是非撮って下さい・・求愛給餌・・半端では有りません。
♂の奉仕♀の大食漢に翻弄されつつ撮影は来週も続きます。

comment感謝致します。

今晩は。 

アジサシの愛情シーン 背景。ⅱ作品のカメラ構図 気に入りました。

カルガモのドアップ 羽根の透け具合ピント素晴らしいですね。

ksさん、今晩は。

昨日はお世話になりました。

コアジサシ・・遠くて曇天・背景さざ波・・いい所無し・・難しい撮影が続きます。
カルガモ・・近くで飛んでくれれば・・こんなにドピン写になるのですが・・。
stealPaul・・近くに移動して貰えませんか・・100m⇒50mならドピン写に・・。(*^_^*)
来週も参戦しますか。

comment感謝致します。

写遊人さん こんばんは~

今日は比較的さわやかな一日でした。
窓開けてると寒いくらいです。

コアジサシのカップル、全部違うカップルでしょうか。
今の季節が恋の季節なのかな?
だとすれば、ラブラブな雰囲気ですね。(●^o^●)

あすかさん、今晩は。

此方は朝には雨が上がりましたが・・今日は自重して家に居ました。
明日は又、暑くなりそうです。

遠くて確かな事は分かりませんが・・6羽から8羽居て3組はカップル成立で3か所で求愛給餌・・今の時期は鳥の世界では繁殖期です。
年中ラブラブの人社会とは違いますね。

comment感謝致します。

写遊人様、お早うございます。

具志堅さんの様にチョッチューです四!

ブラボーーパチパチパチ!

見事なショット・・・たまりませんね・・・

久美子姫さん、お早うございます。

チョッチュー~チュッチューでしょうか。
仲の良い事で羨ましい限りです。(*^_^*)
コアジサシ・・遠くて(100m)鮮明とは程遠いのですが・・何とか凌いで撮っています。
青空が欲しいですね。
スカッとチュッチューに変更・・やはり当分・・チョッチューのようです。

comment感謝致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彩の国 鳥紀行・アジサシ物語・その2:

« 彩の国 鳥紀行・アジサシ物語・その1 | トップページ | 彩の国 鳥紀行・フクロウ物語・その3 »