2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

⇓クリックするとクラゲが出てきます

カテゴリー

« 彩の国 鳥紀行・その15 | トップページ | 彩の国 鳥紀行・その17 »

2011年5月10日 (火)

彩の国 鳥紀行・その16

20080225_802_269931b 2011_0509_153920dsc_06481b彩の国 鳥紀行・その16です。

今回は夏・冬鳥混合の掲載です。

・・上~

●キクイタダキ・・小さくて素早い・・私の中では一番撮るのが難しいと思います。

●昨日山に行って撮って来たキビタキ♂の成鳥です・・新緑に映えて実に綺麗でした・・お世話になったKさん・・今後ともよろしくお願い致します。

●マヒワの♂です・・今年は何処に行っても見る事が出来ます。

2011_0329_120530dsc_63951b                     ●アオスジアゲハの美しさ・・更紗さんに蝶名教わりました(感謝)

・・何時もこんな事の繰り返しです・・中々進歩が有りません。

2011_0509_135453dsc_04221b_2                       『人は人の為に生れたのだ』                        

« 彩の国 鳥紀行・その15 | トップページ | 彩の国 鳥紀行・その17 »

彩の国 自然」カテゴリの記事

コメント

写遊人様、お帰りなさい!
お疲れさまでした!

お山のキビタキ・・・好い表情していますね。
私も金剛山に行きたくなりました!

夏鳥、サンコウチョウ待ちですの・・・
そしてアカショウビンと・・・
今年は出会えるでしょうか?!

久美子姫さん、今日は。

長らくご無沙汰致しました・・また宜しくお願い致します。

出会えますよ・・気力充実・幸運の女神が降臨。
 良い画像が撮れます事・・お祈り致します。

comment感謝致します。

こんにちは。

キクイタダキ、キビタキ、夏鳥さんなのですね。会えたら嬉しいですが…
望み薄いです
キビタキ綺麗ですね~

アゲハの名前、アオスジアゲハのようですが。

更紗さん、今晩は。

キクイタダキは冬鳥です・・日本で一番小さな野鳥です。
 最近は特に飛来しなくなりました・・貴重品です。
キビタキは平地には中々居ません・・渡りで偶然会えれば別ですが・・。
 山に行かないと撮れませんね。

早速『アオスジアゲハ』に直しました・・ご協力感謝致します。
 今日・・又別の蝶を撮りました・・その内蝶図鑑も買わなくては・・いけませんね。(*^_^*)

comment感謝致します。

今晩は。

先生ブログの開局心待ちしておりました。

私は初めて拝見いたします。キクイタダキ 

大きさは、ミソサザエ位ですか。

キビタキ♂とても綺麗にスタジオですね。

ニコンのレンズとボデー取り揃えました。

御指導 宜しくお願いいたします。

ksさん、今晩は。

昨日から再開です。
 キクイタダキ・・ミソサザイよりは小さいです・・兎に角素早い・・ミソッチよりも撮るのは難しいです。
 入山して毎日撮っていて・・ロクヨンレンズの人がギブアップした事が有りました。
・・1秒と枝乗りしない小鳥です(小鳥と言うよりピンポン玉位の昆虫と言った方が的確かも知れません)・・今まで鳥撮りしていて一番難しい鳥撮りでした。
 Canonの高級レンズ~Nikonに鞍替えですか・・それも一つの試練ですね。
何とか物にして下さい。

今晩は、 お帰りなさい
長い間のお出かけで 気分爽快ですか? 逆に疲れが溜まっている?
おそらく両方だと思いますが‥‥
これから成果を毎日 楽しみに待っていますので。

おかえりなさい。楽しい旅だった事でしょうね。

写遊人さまが、難しいと言われるぐらいなら、キクイタダキという鳥、本当に撮るのが難しいんでしょうね。それをこうして見せていただけるのは有難い事です。
私だって若い頃はすばやい時もありましたがネェ。

NANADSKさん、お早うございます。

長い間ご無沙汰致しました。
 又よろしくお願い致します。
疲れが滞留しています・・家が一番いいですね。(*^_^*)
 鳥撮りの旅では無かったので成果は有りませんが・・これからは夏鳥の季節です。
お互い頑張りましょう。

comment感謝致します。

こきおばさん、お早うございます。

長い間ご無沙汰致しましたが一昨日から再開しました。
 又よろしくお願い致します。

キクイタダキは私にとっては一番難しいと思います・・ビンポン玉の大きさが素早く動く・・諦めたご仁が何人も出たのも・・この小鳥でした。
 こきさんもお若い時は俊敏で軽快だった事と思います。
私も若い頃に比べると15キロも太って軽快とは言えません・・鈍重になりました。(*^_^*)

comment感謝致します。

どの野鳥くんもつぶらな瞳でかわいいですねぇ。
なんでしょうね。 このかわいさ。
マヒワくんなんて 写遊人さんのお友達みたいな雰囲気ですよ。笑

あすかさん、今晩は。

『目は口ほどに物を言い』・・目が命・・それを撮るのが鳥撮りさんの使命です。
 マヒワ君・・鳥の好きな人が本能的に分かるのでしょう。
『こっちに来なよ 綺麗に撮るから』・・と心の中で呟いて撮るんです。
 ・・すると・・ご覧の表情に・・やはり分かるんですよ・・好きな人が・・。

comment感謝致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彩の国 鳥紀行・その16:

« 彩の国 鳥紀行・その15 | トップページ | 彩の国 鳥紀行・その17 »