2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

⇓クリックするとクラゲが出てきます

カテゴリー

« 彩の国 鳥紀行・その17 | トップページ | 彩の国 鳥紀行・その19 »

2011年5月12日 (木)

彩の国 鳥紀行・その18

2011_0305_125118dscn0124b 20080724_808_44211b_2 彩の国 鳥紀行・その18です。※新旧在庫からのUPです。  ・・今朝NHK-TVで原発事故の放射線対策で向日葵を植える計画が進行中とか・・(向日葵はセシウムを体内に取り込む性質が有り・・それを土質改良に?)                                     

●彩の国・荒川の清流。              ●↑に因んで・・セッカ&向日葵。                    ●ノゴマ♂・・ブログ友のノゴマUPを模倣して(彩の国には・・この時期には飛来せず(*_*))     ●キジ♂『すたこらさっさ』                             

20081009_810_93201b 20080731_807_4584_1b                       『チャンスは貯蓄できない』・・キッシンジャー(1923~)アメリカの学者・政治家。

« 彩の国 鳥紀行・その17 | トップページ | 彩の国 鳥紀行・その19 »

彩の国 自然」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

雉さん こっけいですね~(*^_^*) チラッとだけ見たことがあります。
後の方は初めてです。会えるのでしょうか?
家の周りでも鳥の声がしていますが、声の主がだれなのかも分からないし 姿も見えません。夏の間に夏鳥さんを少しでも見たいです。あわよくば撮りたい…^^;;

菜の花もセシウムを吸収すると聞いたことがあります。宇宙って偉大ですね~人間の驕りをどう思っているだろうと思います。

更紗さん、今日は。

キジ(国鳥)ですが・・滑稽な感じがたまらなく好きな鳥です。
 会えますよ・・今頃は住宅地にも現出しているらしく『ケーンケーン』と雄叫びをあげています。
 夏鳥はオオルリ・キビタキは山へ・・ノビタキ・セッカは平地でも撮れます。
・・但しセッカは向日葵の上に乗ってのポーズ迄はしてくれません。(*^_^*)

菜の花もセシウムを吸収・・そうでしたか・・簡便で向日葵よりは楽ですね。

comment感謝致します。

こんにちは!
セッカ・・好い所に停まり好いポーズしましたよね。
セッカ、カメラマン・・カッコイイーー!
こんな素敵なノゴマ見たことが無いっ!です。
ノゴマ大好きなので・・・ウットリ見ていますの・・
ノゴマちゃんの左側の雑草が・・ニク~イですね。
右側は、見せたくないものがあるのでしょうかねぇ・・。
キジッチは、スタコラ~スタコラ~ホイホイなのね!

久美子姫さん、今晩は。

セッカ&向日葵・・私にも時々女神が降臨してくれる日が有りました ヨン。(*^_^*)
 この日は現着して直ぐに右向き左向き見返り尾っぽ上げと中々の役者でした。
ノゴマは姫さんのブログにUPされていたので・・こちらもUPしました。
・・鳥が左向きなので左を空けたい・・しかし画面左の雑草も添景として入れたい・・ギリギリの所で妥協した・・本音です。
国鳥をキジッチは無いでしょう・・堅人からお叱りを受けまっせ。(*^_^*)

comment感謝致します。 

写遊人さん おかえりなさ~い。

今週はぐずついたお天気でしたが、明日からだんだん回復するようですね。

月曜から順に拝見しましたが、どのお写真もホントに素敵ですね。
特に新緑の美しさと野鳥くんたちの可愛さは素晴らしいです。
私の一番は、真正面をむいたキセキレイくんです。

あすかさん、今晩は。

長い間ご無沙汰しましたが・・お元気でしたか。
 又よろしくお願い致します。

此方も地震が減ってヤレヤレです。
 明日から此方も晴天になるようです。

5/9~5/12まで4日間の中でキセキレイでしたか・・意外でした。
・・正直目がキツクてUPしようか迷ったものです。(*^_^*)
結果的にお気に入りになられたとの事・・是非お持ち帰りください・・そしてプリントして下さい。

comment感謝致します。

今晩は。先生の作品素晴らしいの一言で表現出来ませんが。

 勇気と ファイトが伝わり感動しています。

ノゴマの綺麗な色はオレンジと図鑑で拝見していましたが、

先生の作品拝見して驚き 厳しい指摘のピント拘りで 県展作品№ⅱチャレンジ

入選結果待ちです。

キジは子どものころを思い出す懐かしい鳥です。父親が毎日のように腰にぶら下げて帰って来ましたから。
旧満州で狩猟好きだった父は、毎日のようにキジや鴨を撃ってきました。今は考えられませんが、毎日食卓にありました。やはり冬の時期のほうがおいしかった事を覚えています。鳥好きの皆さんに叱られそうですね。 もう、65年以上も前の話です。

今晩は、 ノゴマ 初めて見ました 今思わず図鑑を広げ勉強しました
この朱色綺麗で又変わっていますね 足元はミズゴケですか 綺麗に見えます
自然の中で これぞ野鳥だ‥‥ と言える写真ですね  凄いです。

ksさん、今晩は。

今回の県展は一品必勝とか・・何点も出される方がおられますが・・基本は一品です。
 自身で選別するのも実力ですから・・行田のOさんが日本カメラに投稿するので見て欲しいと8枚持参・・1枚だけにして投稿・・見事銀賞に入り涙を流していました。
古代蓮コンテストに何回も入賞されている人です・・県展も3回入選しています。

ksさんの最近は実力が付いてきて驚いて居ます・・今後のご活躍を期待しています。

comment感謝致します。

こきおばさん、今晩は。

満州時代のキジ・鴨料理・・さぞや美味しかった事でしょう。
 父上の逞しさが伺える良いお話です。
鴨と鳩はフランス料理で何回も食していますがキジも上手いのでしょうね。
 こきおばさんの想い出の1枚でしたね・・父上に感謝致します。

comment感謝致します。

NANADSKさん、今晩は。

埼玉に入った時に写したものです・・普段は北海道に居る鳥です。
 関東近郊から連日沢山の人が押し寄せました(車のPが大混雑に)
3日間通いました・・中々顔見世しない鳥です。
 赤エプロンは♂です・・♀は地味な鳥です。
この赤が濃いのが成鳥で薄いのは若になります。
 毎年入る所が決まっていて・・苔生した倒木の上に乗ります。

comment感謝致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彩の国 鳥紀行・その18:

« 彩の国 鳥紀行・その17 | トップページ | 彩の国 鳥紀行・その19 »