2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

⇓クリックするとクラゲが出てきます

カテゴリー

« 彩の国 鳥紀行・その8 | トップページ | 彩の国 鳥紀行・その10 »

2011年4月15日 (金)

彩の国 鳥紀行・その9

2011_0312_131433dsc_34261b2011_0204_161150102_80431b_2 只今鳥撮りの遠征から無事帰還しました。

・・彩の国 鳥紀行・その9です。

身近な鳥撮りでお馴染みの野鳥も多くて申し訳有りませんが・・気楽にご覧下さい。

・・アオジ見返り風。

・・マガモにも動じないカワ君(大物の片鱗かor単なる泰然自若?)

・・カワウ君『落とすなよ』

・・絵になる四十雀。

『力強さは使命感を持つところから生まれる』・・松下幸之助(1894~1989)『指導者の条件』より抜粋。

2010_1207_095534012_02261b 20090107_901_13901b

« 彩の国 鳥紀行・その8 | トップページ | 彩の国 鳥紀行・その10 »

彩の国 自然」カテゴリの記事

コメント

今晩は。 

昨日は、エナガの撮影 御指導有難う御座いました。

スタジオ 考えながら 一歩一歩ですが 頑張り楽しい 撮影心がけ頑張ります。

後日お会いしたいですね。宜しく。

明日はSL紀行です。どこを攻めるか試行錯誤。素人だけに何でもやります。

こんばんは。

可愛い体型・ポーズのアオジさんですね~
カワウ君、ご馳走に目がトロンとしていますね!嬉しくてこれ見よがしです。
すごいですね~!

カワセミ、四十雀、まだまだ会えない運命のようです~

ksさん、今晩は。

エナガに限らず背景は重要なテーマです。
 鳥撮り始めて間もない時は・・そんな余裕が無いのが事実です。
言葉を覚えただけでも大進歩です・・『スタジオ撮り』

又よろしくお願い致します。

comment感謝致します。

ヒキノさん、今晩は。

SL撮影明日は私も参戦です。
 ・・鳥撮りばかりしていると妙に新鮮で身の引き締まる思いです。
勇猛果敢・・語源は違いますが・・そんなイメージです。
爆走の撮っておきの1枚を期待しています。

comment感謝致します。

更紗さん、今晩は。

アオジの撮っておきの1枚になりました。
 ご馳走を捕えて顔がニンマリ・・カワウ君で無くても・・そうなります。
早期にカワセミ・四十雀に合えますようにお祈り致します。

comment感謝致します。

今晩は、 何時も感心   バックの綺麗さ   この先を見た待ち方凄いですね
私も頭の中にはいつも入れているのですが 中々   勉強になります。

アオジという鳥は、私にはスズメにしか見えないと思います。(ごめんなさい)
カワウ、今朝歩いていましたら、貢川にいました! 潜水が得意らしく、ここに潜ったと思うと、まるで違うところに浮き上がっていました。鴨と違って魚しか食べないので、困るそうですね。この頃は河口湖でも見かけます。
人間は困っても、カワウだって生きていかなければなりませんものね。

写遊人さん こんばんは~

今日も暖かい日でした。
今晩から雨模様のようです。ちょっと桜が心配。。。

一番上のはアオジという鳥なんですね。
頭の色がいい色ですね。シブい松葉色っていうのでしょうか。
自然界ってすごいですね。

マガモと超接近してるカワセミくん、お互いに気にしてないのでしょうか?
それとも、気になりつつも知らんぷりかな?

NANADSKさん、今晩は。

何を仰いますか・・あれだけの画像を撮られていて・・こちらこそ・・何時も参考にしています。
 何を撮るにも背景は重要ですね・・鳥撮りの大先輩が・・外で撮っても『スタジオ撮り』になるようにする事・・含蓄の有る言葉です。
 確かに背景スッキリ・・そうも行かない事が大半ですが(*^_^*)

comment感謝致します。

こきおばさん、今晩は。

これからです・・スズメ・カワセミ・鳩・カラス・メジロ・カワウと既に6種類も・・快挙です。(*^_^*)
 カワウ・・繁殖力旺盛・・魚(放流したアユ・ニジマスなど)全滅。(*_*)
漁業被害拡大・・糞公害で立木が枯れて・・森林被害も・・。
 最近では川のギュングの悪名も有るほどです。
・・カワウにはカワウの生活が・・共存共栄は中々・・実現しそうに有りません。

comment感謝致します。

あすかさん、今晩は。

花の命は短くて・・雨で散ってしまう・・自然界の事・・残念ですが・・。
 此方は夏日で(25℃以上)日中は半袖でも良い位でした。
アオジ綺麗でした。
 マガモの方が気にしていました・・但しどちらも水鳥・・やはり見慣れているのでしょうね。
 ・・知らんふりが正解でしょう・・大物です。(*^_^*)

comment感謝致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彩の国 鳥紀行・その9:

« 彩の国 鳥紀行・その8 | トップページ | 彩の国 鳥紀行・その10 »